松山 新ドライバー「ダンロップ製に戻す」真意

2016年12月14日 11時00分

新ボールの巨大モデルを手に松山はスマイル全開

 男子ゴルフの松山英樹(24=LEXUS)が12日、都内で行われた契約メーカー、ダンロップスポーツの新ボール「NEW スリクソンZ―STAR」「NEW スリクソンZ―STAR XV」の説明会に出席した。2016年のラスト5試合では4勝、2位1回と驚異的な成績を残したが、その間、手にしていたのは他社の1W。松山は「来年のアタマから戻るんじゃないかと思う」とダンロップ製に戻すことを示唆した。その意味するところは?

 

 来年2月10日発売の2種類のボールのうち「XV」は松山も開発に携わり、実際にツアーでも使用しているモデル。実戦投入初戦となった2月の「フェニックスオープン」でいきなり優勝するなど、このボールですでに5勝を挙げている。

 

 60種類もの試作品の中から1つを選んだプライベートの練習ラウンドではホールインワンを達成。「前半でいろいろ試して、これと決めた次のパー3(11番)で直接入ってイケるんじゃないかと思った」とうそのようなエピソードを明かした。

 

 この日は契約メーカーのイベントとあって、試合中とは別人のように笑顔でメディアに対応。「頑張って活躍するのでいいことを書いてください」と話す場面もあった。

 

 それでも、必要以上のリップサービスはしないのが松山流。この日、今年の漢字が発表されたのに合わせて「今季を漢字一字で」とテレビ局からリクエストがあったが「考えたことがないので分かりません。考えたら1年かかると思います」とあっさり受け流した。

 

 そんな松山の発言だけに「1Wを戻したい」というのは本気なのだろう。長年、約8年前に発売されたダンロップ製の古いモデルを愛用してきたが、今秋ライバル社にまさかの“浮気”。こちらもすでに販売終了のモデルだったため、中古市場で値上がりを見せるなど大きな話題となった。

 

 松山は「戻す」という言葉を使ったが、再び8年前のモデルを手にするということではない。ダンロップ関係者は「スイングの変化や成長でスピン量が増え過ぎたため、新しい1Wを探していたタイミングで今回のようなことになった。なので元に『戻す』ということはない」と打ち明ける。

 

 さらに、いわゆるツアーモデルから一般アマチュアも使えるモデルにチェンジしたため、一部では「あの松山でもクラブにやさしさを求めている」と報じられた。ところが、これについても「正直なところ、松山選手のやさしいと一般ゴルファーのやさしいでは意味も感覚も全く違う。大事なのは求める弾道が得られるかどうか」(同)。複数のモデルをテストしており「ない」とは言い切れないが、この流れで次もやさしい1Wとなる可能性は低いという。

 

 来年1月5日開幕の「トーナメント・オブ・チャンピオンズ」(米ハワイ)までは短いオフ。「まずはゆっくり休んで何をするべきか考えたい。やるべき課題を克服して、いい準備ができれば『マスターズ』にも勝てると思う」。来年4月、オーガスタで相性抜群のボールと新たな1Wを手にメジャー初制覇に挑むことになりそうだ。

関連タグ: