【ブラインドゴルフ】「2016 ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」開幕

2016年11月10日 10時59分

「2016ISPSハンダ・ブラインドゴルフ世界選手権」初日(9日、埼玉・森林公園GC)、16か国から集まった55人のブラインドゴルファーが世界一の座をかけてしのぎを削った。

 

 強風に見舞われ、各選手がスコアメークに苦しむ中、初日トップに立ったのはガレット・スラッテリーさん(南アフリカ)。ポイント63で、2位のマルコム・エルリックさん(英国)に2ポイント差をつけ、初の世界王者に向け絶好のスタートとなった。

 

 また、日本勢では65ポイントの3位に唐沢俊生さん(岐阜県)、67ポイントの4位に石山雄大さん(東京)がつけた。現役大学生の石山さんは「風が強くてきついラウンドでした。まだ差はあるかもしれませんが、明日はスコアを縮めて、世界一を目指したい」と大舞台の制覇に力を込めた。