WGC初制覇の松山 賞金王レースを“邪魔”する!

2016年11月09日 16時30分

 世界選手権シリーズ(WGC)初制覇を果たした松山英樹(24=LEXUS)が8日、凱旋試合となる国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(10日~、静岡・太平洋C御殿場C)を前に、先輩2人による賞金王争いの“邪魔”を誓った。

 

 この日は中嶋常幸(62)とともにインの9ホールをプレー。「よくあんなところに打てたなと思います。もう1回同じ状況で打てるかというと…。変わっていないと祈りたい」。2011年大会で第2打を50センチにつけるスーパーショットを放ちアマチュアVを決めた18番パー5を振り返った。

 

 久々に一緒にプレーした中嶋は「雰囲気があるというか、堂々としていた。もう別の次元の選手」。日本人では世界ランキング最上位(4位)の記録を持つが「昔と今では算出方法が違うから私より上でしょう。どうせなら1位になれよと言っておきました」と世界6位まで上り詰めた松山を認めた(現在7位)。

 

 予選ラウンドは賞金ランク1位の谷原秀人(37=国際スポーツ振興協会)、アマチュアの比嘉一貴(21=東北福祉大3年)と、大学の先輩後輩とのペアリングとなった。

 

 後輩の比嘉については「試合で一緒になるのは初めてなのでどんなプレーをするのか楽しみ」とした一方、谷原については「賞金王争いを邪魔できればなと思います」とニヤリ。やはり東北福祉大出身の池田勇太(30=日清食品)と谷原がデッドヒートを繰り広げる賞金王争いに波乱を起こすつもりだ。

 

 今年はこれが国内でプレーする最後のトーナメント。「たくさん(ギャラリーが)来てくれると思うので、しっかり準備していいものを見せたい」。日本ツアーをしっかり盛り上げるつもりだ。