松山「日本オープン」ジュニアセミナーで自虐ネタ

2016年10月12日 16時30分

中高生の前にサプライズゲストとして登場した松山

 男子ゴルフ「日本オープン」(13日開幕、埼玉・狭山GC)に出場する松山英樹(24=LEXUS)が11日、昨年に続いてアダム・スコット(36=オーストラリア)が開催したジュニアセミナーにサプライズゲストとして参加した。スコットの講演の前に約15分にわたって、各地区の強化選手ら約40人に語りかけ「練習はみんなしていると思うので、英語の勉強をしてほしい」。自身はアマチュア時代、何度も取り組もうと決意しながらも「まあ、2日でやめますよね。今も真剣な話になると全然分からない」と反省の言葉を口にした。

 

 さらには、選手としての振る舞いについても「お手本にはなれない」と苦笑い。「出さないようにと思っても、悔しい気持ちが表に出てしまう。悔しさを忘れてはいけないけど、それを自分の中で受け止めていければいいと思う」

 

 自虐的な言葉でジュニアたちの関心を集める見事な話術で、会場を盛り上げた。