【全英女子OP】日本人最上位の山下美夢有3差5位 グリーン周りの小技に自信 古江彩佳は予選落ち 

2022年08月06日 12時10分

山下美夢有(東スポWeb)
山下美夢有(東スポWeb)

【英国・ガレーン5日(日本時間6日)発】女子ゴルフの今季メジャー最終戦「AIG全英女子オープン」2日目(英国・ミュアフィールド・リンクス=パー71)、初メジャーの山下美夢有(21=加賀電子)が日本勢最上位で決勝ラウンドへ進出した。2アンダーの10位から出て68をマークし、通算5アンダーの5位に浮上した。5番パー5で2打目を1メートルにつけてイーグルを奪取し、一時は首位にも立つなど、好位置につけた。

 山下は「イーグルを取れて、そこから流れよく回ることができた。リンクスの攻め方を考えて練習ラウンドからやってきて、スコアが勝手についてきている感じ」と笑みがこぼれた。好スコアの要因については「グリーン周りの小技。パッティングも決め切れているのでパーオンできなくてもパーセーブできている」と自己分析した。
 決勝ラウンドへ「予選通過できたので残り2日間、上位で戦えたらいいと思う」と意気込んだ。

 一方、前週「スコットランドオープン」を制した古江彩佳(22=富士通)は2バーディー、2ボギーの71、通算4オーバーと1打及ばずに予選落ちとなった。古江は「今日はバーディーチャンスにつけられたのになかなか決められなくて、悔しかったんですけど、ラウンド自体は悪くなかったので昨日(初日)のラウンドを反省したい」と振り返った。今後に向けて「切り替えて頑張っていけるよう、練習をしっかりして備えたい」と前を見据えていた。

関連タグ: