小祝さくら〝ダンクイーグル〟披露も「同伴競技者の方を待たせてしまって本当に申し訳ない」

2022年07月23日 20時20分

小祝さくら(東スポWeb)
小祝さくら(東スポWeb)

 国内女子ツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」3日目(23日、北海道・滝のCC=パー72)、3位から出た小祝さくら(24=ニトリ)が、ド迫力イーグルで魅せた。

 13番パー4で残り100ヤードの2打目を直接カップにたたき込み、笑顔の小祝は同組の三ヶ島かな(ランテック)とハイタッチ。見事なイーグルに「グリーンの傾斜が強かったので、実際落ちてからバックスピンがどれくらいかと不安があった中、キャリーで入ってくれた。入ってなかったら、スピンが入って手前のラフまで戻ってたかもしれない。本当にラッキーだったと思う」と振り返った。

 その一方で直接入ったため、カップのふちのグリーンが崩れてしまい、修復に時間を要しただけに「同伴競技者の方を待たせてしまって本当に申し訳ない」とも。

 初日の14番パー5ではグリーンに着弾した3打目がワンバウンドでカップに入るイーグル披露した。迫力のプレーで見る者を楽しませ、スコアも首位と2打差の通算15アンダーと好位置をキープ。同じ北海道出身で首位の菊地絵里香(34)を追う最終日へ小祝は「しっかりとまずは自分のゴルフをして、自分なりのよいプレーができたらいいなと思います」と優勝争いを見据えた。

関連タグ: