【全英リコー女子OP】V圏発進の宮里美香「パットが決まればいい流れが作れる」

2015年07月31日 11時00分

【英国ターンベリー30日(日本時間31日)発】米女子メジャー今季第4戦「全英リコー女子オープン」(ターンベリー・エイルサコース=パー72)初日、宮里美香(25=NTTぷらら)も4アンダーで6位と好スタートを切った。2012年大会は4位。過去6回の出場で予選落ちは1度だけという相性の良さを誇る美香は13番パー4でイーグルを奪った。

 151ヤードを6番アイアンで打ったショットは「入ったのは見えなかったけど歓声でわかった。あれで勢いに乗れた」との言葉通り、続く2ホールで連続バーディー。16番ではもったいないボギーがあったものの、堂々のV圏発進。「ショットはいいので、パットが決まればいい流れが作れる」と2日目以降のプレーにも自信をのぞかせた。