【米ツアー】石川遼 5バーディー20位に

2015年07月18日 11時00分

【アラバマ州オーバーン17日(日本時間18日)発】米男子ツアー「バーバソル選手権」(RTJトレール=パー71)2日目、13位からスタートした石川遼(23=CASIO)は5バーディー、3ボギーの69で回り、通算5アンダー。順位は20位となった。今田竜二(38)は72と落とし、カットラインに1打及ばない通算イーブンの81位で予選落ち。首位は9アンダーのキム・ミンヒ(23=韓国)。

 石川は10番で2メートルを沈めてバーディー発進したものの、その後は思うようにスコアが伸びない。インに折り返すと、1番でバーディーを奪った直後に2、3番の連続ボギーで流れを悪くするが、5番で4メートル、6番では6メートルのバーディーパットをネジ込んだ。さらに7番ではチップインで3連続バーディーを奪った。これで3戦連続の予選通過となったものの、決勝ラウンドでは約2か月間アンダーを出せていないだけに、残り2日で真価を問われる。