【全英OP】丸山の注目は“初聖地”の手嶋多一

2015年07月14日 10時00分

【全英OP:丸山茂樹の注目選手】男子ゴルフの今季メジャー第3戦「全英オープン」は、聖地セントアンドリューズで16日に開幕する。丸山茂樹(45=セガサミーHD)に注目選手を聞いた。

 世界ランク1位で前年覇者のローリー・マキロイ(26=英国)がケガで欠場となったため、注目を一身に集める立場となったのが同2位のジョーダン・スピース(21=米国)だ。4月の「マスターズ」、6月の「全米オープン」を制しており、年間グランドスラム王手がかかっている。

「ジョーダンはまたチャンスじゃないですか。ステディーなタイプで、マネジメントもしっかりしているから。『全米オープン』の上位陣に、リンクスに強い欧州の選手が何人か絡んでくる…そんな優勝争いを予想しています」

 前回、聖地で行われた2010年大会の覇者ルイ・ウェストヘーゼン(32=南アフリカ)のほか、ダスティン・ジョンソン(31=米国)、アダム・スコット(34=オーストラリア)、ジェイソン・デイ(27=同)らが主役を務めるという。

 もちろん、日本勢にも期待がかかる。賞金王経験者の藤田寛之(46=葛城GC)、小田孔明(37=プレナス)、選手会長・池田勇太(29=日清食品)らが出場するなか、丸山が注目するのは大会3度目の出場で聖地は初めてとなる手嶋多一(46=ミズノ)だ。

「すごいショットを連発しなくていいということは日本人にもチャンスがあるということ。経験が少ないほうがピュアにやれる。バンカーに入れないこと、ひたすらこれだけをやれば、うまくいくんじゃないか」

 松山以外は予選落ちとなった「全米オープン」から1か月、今度は日本勢が意地を見せる番だ。