タイガー・ウッズ 全米プロ制覇に意欲「足にたくさんのハードウエアが入っているが…」

2022年05月18日 11時24分

タイガー・ウッズ(ロイター)
タイガー・ウッズ(ロイター)

 男子ゴルフの今季メジャー第2戦「全米プロ選手権」(19日開幕、オクラホマ州)、4月の「マスターズ」以来、負傷からの復帰2戦目となるタイガー・ウッズ(46=米国)が17日に記者会見し、ツアー通算83勝目、メジャー通算16勝目の達成を誓った。

 約1年前に交通事故で重傷を負ったウッズは再びメジャー制覇を果たせるかと聞かれると「間違いなくできると感じている」とし「前回トーナメントをプレーしたときよりも良くなっている。懸命にトレーニングしているし、困難な日もあれば、乗り越えられる日もあるが、しっかりと取り組んでいる」と語った。

 その上で「しかし、まだ厳しい日々を過ごしており、人々が考えるほど簡単ではない」とし、交通事故で切断の危機にあった右足の状態は万全ではない。ウッズは「まだ痛みがあり、歩くことが大変だ。ボールを打つことはできるが、足にはたくさんのハードウエア(ボルトなど)が入っており、できることに制限がある。しばらくは続くだろう」と話した。

 それでも復帰2戦目に向けて「良くなった。今はよりパワーアップしており、今後も良くなっていくだろう」と話し、練習を重ね、ツアーへの本格復帰を見据えていた。

関連タグ: