タイガー・ウッズが26位に後退

2015年07月04日 10時55分

【ウェストバージニア州ホワイトサルファースプリングス3日(日本時間4日)発】米男子ツアー「グリーンブライア・クラシック」(オールド・ホワイトC=パー70)2日目、タイガー・ウッズ(39=米国)は1バーディーでおとなしかった前半から一変。インでは3バーディー、3ボギーと出入りが激しくなって69。1つ伸ばしたものの、通算5アンダーは12位から26位に後退となった。

 

 それでも、17番パー5はティーショットをハザードに入れながらも、4打目でカップをかすめるアプローチを披露。最後の18番も2メートルの下りをジャストタッチで沈めてバーディーで締めるなど、いいプレーも随所に見せているだけに、取りこぼしを減らしたい。