イ・ボミ 史上最速で賞金1億円突破 来年の米ツアー本格参戦は…

2015年06月30日 10時00分

 国内女子ゴルフの「アース・モンダミンカップ」最終日(28日、千葉・カメリアヒルズCC=パー72)、68で回ったイ・ボミ(26=韓国)が通算14アンダーで並んだ李知姫(36=韓国)とのプレーオフを2ホール目で制し今季2勝目、日本ツアー通算10勝目を挙げた。今季の獲得賞金が史上最速で1億円を突破。初の賞金女王獲得へ、大きく前進した。

 6月の1億円到達はツアー初。

 出場15試合目での到達も2011年のアン・ソンジュ(27=韓国)以来と、今季は記録的なペースで稼ぎまくっている。今季の2勝はいずれも優勝賞金2000万円以上の高額大会と抜群の効率。「いつも頑張っているけど、そういう試合でいい成績を残せば目標(賞金女王)に近づくので集中力が高まる」と狙い通りのVであることを明かした。

 勝てなかった試合でも2位5回、3位1回と常に優勝争いに顔を出す。日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長(52)は「安定感抜群! 昨年までに比べて、すべての面で底上げされて、調子が悪くても上位に行ける。(史上初の)2億円突破も“あると思います”」と6年前の流行語風に絶賛した。

 日本でこれだけの成績を残せば、次は世界となりそうなものだが、今季は女王取りに専念するため、出場権のある海外メジャーも辞退。近い関係者によれば「来年以降、メジャーには出ると思うけど、米ツアー本格参戦は本人が全く考えていない」という。

 ルックスと実力でギャラリーからは日本人選手以上の声援を浴びる人気者。母国に近く、居心地もいい日本でまだまだ稼ぐつもりのようだ。