【米女子ツアー「アーカンソー選手権」】惜しい2差!美香2位

2015年06月29日 16時00分

【アーカンソー州ロジャーズ28日(日本時間29日)発】米女子ツアー「アーカンソー選手権」(ピナクルCC=パー71)最終日、4位から出た宮里美香(25=NTTぷらら)は10番まで4バーディーを奪う好調ぶりで一時首位に並んだが、13番で痛恨のダブルボギー。その後追い上げたものの、首位に2打差の通算13アンダーで惜しくも2位に終わった。

 

 初日は雷雨のため大幅に中断するアクシデントに見舞われながら、宮里は集中力を切らすことなく2日目に25ホールを回り7バーディー(1ボギー)。力強くスコアを伸ばし、首位に4打差の通算9アンダーで4位につけた。この日も3番、5番、8番、10番でバーディーを奪取。通算13アンダーまでスコアを伸ばし、この時点で首位に並んだものの、13番で惜しくもダブルボギーを叩いてしまう。この後は2バーディーと手堅くまとめたが首位に2打差の通算13アンダーで2位タイ。3年ぶりの米ツアー2勝目はならなかった。

 

 優勝は通算15アンダーでチェ・ナヨン(27=韓国)。首位から出たこの日は16番で50センチまで寄せるスーパーショットでイーグルを奪い、今季2勝目を挙げた。

 

 有村智恵(27=日本HP)は通算6アンダーで29位タイ、横峯さくら(29=エプソン)は通算5アンダーで37位タイ。野村敏京(22)は通算4アンダーで43位タイ。宮里藍(30=サントリー)と上原彩子(31=モスフード)は予選落ちした。