【マニュライフC】野村敏京「66」で13位浮上

2015年06月06日 16時00分

【カナダ・オンタリオ州ケンブリッジ5日(日本時間6日)発】米女子ツアー「マニュライフ・クラシック」(ホイッスルベアGC=パー72)2日目、日本勢は野村敏京(22)が8バーディー、2ボギーの66で回り、通算9アンダーで43位から13位に浮上した。宮里美香(25=NTTぷらら)は71で回って6アンダーの35位。上原彩子(31=モスフードサービス)はこの日70で、4アンダーの58位となった。

 

 横峯さくら(29=エプソン)は69で回ったものの、通算3アンダーはカットラインに1打届かず71位。宮里藍(29=サントリー)は72と伸ばせず、通算1アンダーの107位で予選落ちした。

 

 首位は13アンダーのS・ペテルセン(スウェーデン)とM・ウリベ(コロンビア)。初日9アンダーで首位だったタイガー・ウッズのめい、シャイアン・ウッズ(24=米国)は73とひとつ落とし、19位に後退した。