「ISPSハンダグローバルカップ」に大物参加

2015年06月02日 16時00分

 国内男子ツアーの新規トーナメント「ISPSハンダグローバルカップ」(25~28日、山梨・ヴィンテージGC)に2013年「全米プロ」優勝のジェーソン・ダフナー(38=米国)、2011年「マスターズ」覇者のシャール・シュワーツェル(30=南アフリカ)といったビッグネームが参戦することが1日、主催者から発表された。

 都内で行われた会見で国際スポーツ振興協会(ISPS)の半田晴久会長(64)は「日本の男子ツアーに危機感があった。これまで海外のトーナメントをサポートしてきたネットワークを生かし、グローバルな大会にしたい」。このほかにも、イアン・ポールター(39=英国)ら15人の外国人選手の招待が決まっている。

 豪華な顔ぶれが揃うなか、同協会所属の谷原秀人(36)、藤本佳則(25)は「この大会に照準を合わせたい」と声を揃え、海外勢迎撃を誓った。