勝みなみ ホステスプロで4アンダー6位発進「昨年と比べ物にならないくらい良い位置」

2022年03月11日 19時55分

勝みなみ(東スポWeb)
勝みなみ(東スポWeb)

 国内女子ツアー「明治安田生命レディス」初日(11日、高知・土佐CC=パー72)、ホステスプロの勝みなみ(23=明治安田生命)は5バーディー、1ボギーの68で回り、首位と3打差となる4アンダーの6位と好発進した。

 昨年大会も大役を担ったが、初日に78をたたくなど悔しい予選落ち。リベンジの思いを込めて臨んだこの日は、しっかりスコアをまとめた。前半1つ伸ばして迎えた後半の出だし(10番)でボギーがきたが、直後の11番で取り返し、14~16番は3連続バーディー。14番は5メートル、16番は7メートルを入れるなど、パターがさえた。

 勝は「ナイスプレーだったと思う。10番でボギーを打ってしまったときはちょっとマズいなと思ったけど、そこから気持ちを立て直して、4つバーディーきてくれた。初日を良い感触で回りたかったので、それがかなった」と振り返った。

 もちろん目指すは優勝だが、気負いはない。勝は「去年と比べ物にならないくらい、良い位置にいるので(所属先の明治安田生命に)恩返しができるように、明日も違うゴルフになると思うけど、それを楽しんで笑顔で頑張りたい」と語った。

関連タグ: