「UFO Speed」なぜ話題なのか? 人気ゴルフユーチューバーに聞いてみた

2022年03月14日 14時00分

左から松本雄友氏、本紙記者、岩男健一プロ(東スポWeb)
左から松本雄友氏、本紙記者、岩男健一プロ(東スポWeb)

 3月4日に発売されるとまたたく間に話題になったキャスコのユーティリティー「UFO Speed」。その秘密を探るべく、ゴルファーの間で大人気のユーチューブチャンネル「わっほーまっちゃんの日常」で活躍中の岩男健一プロとゴルフ研修生・松本雄友氏を直撃した。このクラブの良さとうまく打つコツを聞くとともに、本紙記者はレッスンまで受けちゃいました!

 まずは「UFO Speed」の特長をご説明しよう。1つ目は2枚のブレードでラフからも抜群の抜けを実現する新開発のスピードソール。次なる特長はユニバーサルウイングでオフセンターヒット時でも当たり負けしない。3つ目は新開発のファルコンシャフト。先端がしなりやすく、しっかり振り切れるのに、ねじれにくく強いインパクトで飛びを生むのだ。

 というわけで、千葉・成田市の「太平洋クラブ成田コース」で「わっほーさん」こと岩男プロが#66(26度)をテストしてみた。すると「めちゃくちゃ球が上がりますし、ホント抜けがいいですね。構えたときにハネ(ユニバーサルウイング)は全く気にならない」と大絶賛。クラブの真骨頂を発揮する〝ラフ〟からも「抜けがいいから、つっかかって左というのはない」と驚異の性能に衝撃を受けた。

 続いて平均スコア100程度の本紙記者も#66を打ってみた。岩男プロから「ユーティリティーは少しハンドファーストに構えて、ヘッドはかぶせ気味に」とアドレス時にアドバイスを受けると、クラブの性能と相まって自分の球とは思えないショットが出た。

「UFO Speed」は#66を含めて#33(15度)からAA(46度)まで9ロフトがラインアップ。あらゆる場面で高機能を実感することができる。ぜひ、自身の手で高性能クラブのすごさを体感してほしい。

 なお、この模様はユーチューブチャンネル「わっほーまっちゃんの日常」で動画配信中。アクセスしてみよう。

関連タグ: