石川遼が〝自主隔離やぶり〟でJGTO副会長辞任 今週の「VISA太平洋」も辞退

2021年11月09日 12時12分

辞任した石川遼(東スポWeb)
辞任した石川遼(東スポWeb)

 男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が9日、この日発売の写真週刊誌「フラッシュ」の報道を受けて国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(11日開幕、静岡・太平洋C御殿場C)の出場辞退と日本ゴルフツアー機構(JGTO)副会長の辞任を発表した。

 石川は10月22日まで、カリフォルニア州で行われた来季の米下部ツアー出場権をかけた2次予選会に出場。最終予選会には進めず、帰国したが、同誌は自主隔離期間中の10月27日に千葉県内のゴルフ場に滞在する写真とともに、一般客もプレーしていた中でラウンドしていたと報じていた。それら行為の一部が、JGTOの新型コロナウイルス感染症対策特別トーナメント規定に抵触していることから出場辞退に至った。今後の試合出場は、JGTOの判断に委ねるとした。

 また、この発表前には報道を受けての謝罪コメントも発表。「この度の週刊誌報道に関しまして、支えてくださっているファンの皆様、関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。帰国時に、空港の検疫にて登録した待機先(ゴルフ場)で、入国者健康チェックを毎日受け、14日間の隔離を行っておりましたが、一部至らない点があったことを重ねてお詫び申し上げます」と記していた。

関連タグ:

ピックアップ