【TOTOジャパンクラシック】笹生優花が16位に浮上「昨日よりいいゴルフができた」 

2021年11月05日 17時44分

笹生優花(ロイター)
笹生優花(ロイター)

 女子ゴルフの「TOTOジャパンクラシック」2日目(5日、滋賀・瀬田GC北C=パー72)、24位から出た全米女子オープン覇者の笹生優花(20=ICTSI)は、1イーグル、3バーディー、3ボギーの70で回り、通算3アンダーの16位に順位を上げた。

 米国で活躍する実力を見せたのは後半13番パー5。自慢の飛距離で残り220ヤードに付けると、第2打をピン側30センチにつけ、イーグルを奪った。16番でもバーディーを奪取。「昨日よりいいゴルフができたので、よかった。ティーショットが安定していたのと、セカンドは昨日より打てたかなと思います」と振り返った。

 この日は渋野日向子(22=サントリー)と、賞金ランク争いで首位に立つ稲見萌寧(22=都築電気)と同組でプレーした。笹生は「皆さん本当に優しくて、楽しくラウンドできた」と笑顔。「明日以降もいつも通り、楽しんで、色々勉強していいゴルフができるよう頑張りたい」と、さらなる上位進出を目指す。

関連タグ: