【TOTOジャパンクラシック】渋野は24位発進 笹生との背比べの結果は…

2021年11月04日 16時04分

渋野日向子(東スポWeb)
渋野日向子(東スポWeb)

 国内女子ゴルフの「TOTOジャパンクラシック」初日(4日、滋賀・瀬田GC北C=パー72)、2週連続優勝を目指す渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、2ボギーの71で回り、1アンダーの24位発進となった。

 前半だけで3つのバーディーを奪ったが、後半に入ると失速。11番で1メートルのパーパットを外してボギーとするなど、スコアを伸ばせずにラウンドを終えた。

 渋野は「前半は全体的にすごく安定していたんですけど、後半にパターが入らなくなってからすべての流れが悪くなって〝何もできず〟という感じでした。ちょっとドライバーが曲がってしまっているので、そこを何とか修正したい」と反省点を口にした。

 この日は笹生優花(20=ICTSI)と同組で、ともに海外メジャーを制した〝女王対決〟としても注目を集めた。渋野自身が「楽しみ」と話していた通り、笑顔で会話を交わすなど和やかなムードでラウンド。途中で背比べをする場面もあった。「本当に楽しくできました。優花はダジャレっぽいのばっかり言うから、あまり真剣な話はしていないですね(笑い)。(背比べは)最終的に(同組の上田)桃子さんに見てもらったら、優花の方がちょっとだけ高いかな」と振り返った。

関連タグ:

ピックアップ