【三菱電機レディス】首位浮上の渋野日向子 ウエアのテーマ語る「誰にも染まりませんよという白です」

2021年10月30日 20時49分

渋野日向子(東スポWeb)
渋野日向子(東スポWeb)

 誰の色にも染まりたくない――。女子ゴルフの「樋口久子 三菱電機レディス」2日目(30日、埼玉・武蔵丘GC=パー72)、通算7アンダーで首位に浮上した渋野日向子(22=サントリー)が、全身白のウエアでプレーした。

 ビームスゴルフとアディダスのウエア二刀流を続ける渋野は今週、後者をチョイス。この日は初日の黒から白にチェンジした。その理由について「上下違う色でもいいかなと思ったんですけど、誰にも染まりませんよという白です。そんな感じです」と説明した上で「理由がないから言っただけです」と笑顔で真相はケムに巻いた。

 今回は冗談交じりだったが、渋野には誰にも染まらない信念の持ち主。今年からスイング改造に着手した当初は方向性も安定せず、飛距離もダウンしただけに、ゴルフ界では反対の声が多かった。それでもぶれずに取り組んできたことで、今月上旬の「スタンレーレディス」で復活優勝を果たし、今大会も優勝に王手をかけた。

 ちなみに最終日のカラーについては「雨予報ですよね? 理想としては紺色かなと思っていて、気分で変えます」と予告した。

関連タグ:

ピックアップ