【ZOZOチャンピオンシップ】松山が4月の「マスターズ」以来の優勝 米ツアー通算7勝目

2021年10月24日 16時31分

優勝トロフィーを掲げる松山英樹(東スポWeb)
優勝トロフィーを掲げる松山英樹(東スポWeb)

 米男子ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」最終日(24日、千葉・アコーディア習志野CC=パー70)、首位スタートの松山英樹(29=LEXUS)は、2イーグル、3バーディー、2ボギーの65で回り、通算15アンダーで優勝を飾った。4月の「マスターズ」以来の勝利で米ツアー通算7勝目となった。

 6番パー5でイーグルを決め、2位のキャメロン・トリンガーリ(米国)との差を広げたが、8番パー4で3パットのボギー。9番パー4でトリンガーリにバーディーを決められ、首位に並ばれてしまう。さらに10番パー4でトップを明け渡してしまったが、すぐさま反撃に出た。11番パー4で10メートルのスライスラインを沈めて、再びトップに追いつくと、13、15番でもバーディーを奪って2打差に突き放して、そのまま逃げ切った。

 日本で開催された2019年大会はタイガー・ウッズ(米国)に及ばず、2位に終わった。2年ぶりに日本開催へ戻ってきた今回は、優勝へ強い思いを持って臨んでいた。その思いをしっかり結果へとつなげた。

 松山は「最後のセカンドを打つまではどうなるかわからなかったので、本当にうれしいなと思います。状態はあまり上がっていないが、これだけたくさんの方々が応援してくれるおかげで勝手に上がってきた感じ。(優勝は)とてもうれしいんですけど、次日本でプレーするのがいつかわからないですけど、アメリカでいいプレーをしていいニュースを届けられるように頑張りたい」と笑顔で語った。

関連タグ:

ピックアップ