【マスターズGCレディース】渋野は65位で今年2度目の予選落ち「情けない」

2021年10月22日 18時06分

渋野日向子(東スポWeb)
渋野日向子(東スポWeb)

 女子ゴルフの国内ツアー「NOBUTAグループ・マスターズGCレディース」2日目(22日、兵庫・マスターズGC=パー72)、初日99位と出遅れた渋野日向子(22=サントリー)はこの日、巻き返しを狙ったが5バーディー、3ボギーの70で通算4オーバーと伸ばせず、65位で予選落ちした。

「見ての通り、情けない内容でした」と口にした渋野。出だしの1番でバーディーを奪ったが2番がボギー。その後もバーディー、ボギーと続け、スコアが伸びない。5番と7番でバーディーを奪い、折り返したが、後半も足踏みした。

 最近は5週連続でトップ10入り。12月の米ツアー予選会まで、10位以内を維持する目標を掲げていたが叶わず。しかも今年2度目となるまさかの予選落ちとなった。

 米ツアー予選会へ「焦りがないと言ったらおかしい。流れが良かったなかで予選落ちのゴルフをするのは、足りないところがたくさんあるんだなと思い知らされた」と話した渋野。次週に向け取り組みたいところを問われると「全部ですね」と語り、気合を入れていた。

関連タグ:

ピックアップ