【ファウンダーズC】笹生は首位と4打差の2位に浮上 畑岡は伸ばして17位

2021年10月10日 11時13分

笹生優花(ロイター)
笹生優花(ロイター)

【ニュージャージー州ウェストカルドウェル9日(日本時間10日)発】米女子ツアー「ファウンダーズ・カップ」(マウンテンリッジCC=パー71)3日目、第3ラウンド(R)を9位から出た笹生優花(20=ICTSI)は5バーディー、1ボギーの67で回り、通算9アンダーの2位タイに浮上した。

 この日は第2Rの残り5ホールを消化し、第3Rに突入。ここでも伸ばして通算13アンダーで首位の高真栄(韓国)と4打差で最終日を迎えることになった。笹生は「今日できたことを最終日でも続けていきたい。全てのショットを楽しむことが大事になる」とコメントした。

 また畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は第3Rをボギーなしの66で回り、通算5アンダーの17位。最終日に向けて「早い段階でトップ10に入って少しでも上位争いをできるようにしたい」と意気込んだ。横峯さくら(35=エプソン)は第2Rを通算2オーバーで終えて予選落ちした。

関連タグ:

ピックアップ