【シュライナーズチルドレンズOP】松山英樹は6アンダーで首位と4打差の10位スタート

2021年10月08日 12時04分

松山英樹(ロイター=USA TODAY Sports)
松山英樹(ロイター=USA TODAY Sports)

【ネバダ州ラスベガス7日(日本時間)8日発】米男子ツアー「シュライナーズチルドレンズ・オープン」初日(TPCサマリン=パー71)、松山英樹(29=LEXUS)は7バーディー、1ボギーの65とし、6アンダーでホールアウト。首位と4打差の10位スタートとなった。

 インスタートの松山は10番パー4でバーディーを奪取。前半で4つスコアを伸ばし、後半も2番パー4をバーディー、7番パー4でスコアを落としたものの、8番パー3、9番パー5と連続バーディーとした。

 首位は61のラウンドで10アンダーとした康晟訓(韓国)。2打差2位に任成宰(ともに韓国)、チャーリー・ホフマン、チャド・ラミー(ともに米国)の3人がつけている。

関連タグ:

ピックアップ