【日本女子OP】前回覇者の原英莉花は4位発進「ナイスと言われ気持ち上がった」

2021年09月30日 21時07分

原英莉花
原英莉花

 女子ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(30日、栃木・烏山城CC=パー71)、前回大会覇者の原英莉花(22=日本通運)は4バーディー、1ボギーの68で回り、3アンダーで、首位と2打差の4位に付けた。

 連覇を目指す原は、この日のラウンドを終え「ピンポジションが手前が多く、グリーンも砲台なので距離が合わせづらかったのと、ティーショットがなかなかフェアウエーをとらえられなくて、バーディーチャンスにつけられなかったことが残念」と反省点を述べた。それでも490ヤードの難関17番パー4でフックラインの6メートルパットを決めるなど、さすがの技術を見せ、観衆を沸かせた。

 渋野日向子(22=サントリー)、稲見萌寧(22=都築電気)と同組で、多くのギャラリーをひきつけた。「ナイスと言われると気持ちも上がるから楽しかったです」と注目を楽しんだ原。「一生懸命、上位で戦えるよう頑張ります」と2日目へ意気込んだ。

関連タグ:
 

ピックアップ