【日本女子OP】上田桃子がメジャー初Vへ単独首位発進!「東京タワー」で気持ち切り替えた 

2021年09月30日 19時37分

上田桃子
上田桃子

 女子ゴルフの国内メジャー「日本女子オープン」初日(30日、栃木・烏山城CC=パー71)、上田桃子(35=ZOZO)が、5バーディー、ノーボギーの66で回り、5アンダーで単独首位発進した。

 日米両ツアーで活躍してきた上田だが、メジャー大会は未勝利。かねて目標に掲げるタイトルに向けて好発進したが、「メジャーは一番取りたい大会でも手が届いていない。心技体すべてが揃って初めて勝てるのかなと思います」とベテランらしく冷静に2日目以降の戦いを見据えた。

 この日はインスタートの14番パー5で3打目のアプローチを20センチにつけて初バーディー。続く15番も2メートルを沈めて連続バーディーとすると、490ヤードと距離もあって難しい17番パーでも残り195ヤードの2打目を4Uで3メートルにつけてスコアを伸ばした。

 後半に入っても安定したゴルフで2バーディー。早い時間帯のホールアウトだったが、終わってみても単独首位。同コースで行われた2016年大会の初日は81を叩いたリベンジも果たしたが、本人は「覚えてないです」。悪いイメージがなかったのも、好スコアの要因だったかもしれない。

 35歳の誕生日だった6月15日に一般男性と結婚。夫について「明るい人なので落ち込んでいる時は元気にしてくれます」。調子を落としていた1か月ほど前、2人で東京タワーへ行った。「高い所からいろいろと考えて自分の考えていることは小さいんだろうなと思った」と気持ちを切り替えた。

 優勝すれば、結婚後初V。それをメジャー初Vで飾れれば最高だ。

関連タグ:
 

ピックアップ