【ANAオープン】石川遼 クラブを折って涙…称賛の声多数「素敵な人」「お手本」

2021年09月19日 19時50分

16位に終わった石川遼
16位に終わった石川遼

 国内男子ゴルフの「ANAオープン」最終日(19日、北海道・札幌GC輪厚C=パー72)、首位と3打差の3位でスタートしたスコット・ビンセント(29=ジンバブエ)が1イーグル、6バーディー、2ボギーの66をマーク。通算18アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。ホストプロの石川遼(CASIO)は1バーディー、1ボギーの72とスコアを伸ばすことができず、通算9アンダーの16位タイで30歳初戦を終えた。

 17日に30歳の誕生日を迎えたばかりの石川だったが、ほろ苦い1日になってしまった。

 17番パー5のドライバーショットが右林のラフへ。スコアを思うように伸ばせない中、木の根元にボールがある状況で、5番ウッドでグリーンを狙う。しかし、シャフトが木に当たり「く」の字に折れ、ボールも左のラフへ吸い込まれた。このホールは何とかパーでしのいだものの、ホールアウト後にはクラブを折ってしまったショックから涙を流す場面も見られた。

 ただ、道具を大切にする〝プロ精神〟にネット上では「テニス選手なんてラケットを破壊する。クラブが折れて涙を流すなんて。素敵な人」「道具を大事にする姿は好感持てるよね」「石川選手はモノを大事にしていて素敵。こういう精神をもった選手がプロはお手本」と称賛の声が相次いでいる。

 満足のいく結果は残せなかったとはいえ、石川のプロ魂あふれる姿に多くの人の心が動かされたようだ。

関連タグ:

ピックアップ