横峯さくらの米本格デビュー“水入り”

2015年02月06日 10時55分

【バハマ・パラダイス島5日(日本時間6日)発】さくらの米本格デビューは“水入り”に…。米女子ツアー「ピュアシルク・バハマ・クラシック」(オーシャンクラブGC=パー73)は悪天候のため午後2時37分に中断。そのままサスペンデッドとなった。この試合が米ツアーメンバーとなってから最初の試合だった横峯さくら(29=エプソン)は午後の最終組でスタート。5ホールを1バーディー、2ボギーの1オーバーとしたところで中断となり、プレーは6日に持ち越しとなった。

 前週の開幕戦は出場権が得られず「私にとっての開幕戦。予選は通過したい」と話して臨んだ試合。12番は8メートルのバーディーチャンスがわずかに切れる。それでも次の13番はきっちりバーディーを奪った。この後大雨となり、14番を終えたところでサスペンデッドとなった。

 他の日本勢は午前に回った宮里藍(29=サントリー)はイーブンでホールアウト。宮里美香(25=NTTぷらら)は12ホールプレーして2アンダー。上原彩子(31=モスフードサービス)は11ホールで1アンダーとなっている。暫定首位は6アンダーでホールアウトしたB・パンケーキ(米国)。