藍通算イーブン35位に後退

2015年01月31日 16時00分

【フロリダ州オカラ30日(日本時間31日)発】米女子ツアー開幕戦「コーツ選手権」(ゴールデン・オカラGC=パー72)3日目は前日に日没サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りと第3Rを行い、宮里藍(29=サントリー)は1バーディー、2ボギーの73で回り通算イーブン。第2R終了時の24位から35位に順位を落とした。首位は14アンダーのリディア・コ(17=ニュージーランド)。

 

 この日の藍は午前7時半から、前日ホールアウトできなかった第2Rの残り3ホールをプレー。ここで1つ落とすと、11時29分に第3Rをスタートした。

 

 2番でボギーが先行。11番でも落としてなかなか取り戻せない展開が続いたが、18番パー5でバーディーを奪った。

 

 この日のパット数は「33」と、グリーン上で苦しんだ分、スコアを落とした。それでも今大会はサンドセーブ(グリーンサイドのバンカーから2打以内で上がること)に5回全て成功と、小技のキレは出てきているだけに、パットの完全復調が待たれる。

 

 他の日本勢は、宮里美香(25=NTTぷらら)が通算6オーバー。上原彩子(31=モスフードサービス)は11オーバーで、共に予選落ちだった。米国では1日の日曜日に「スーパーボウル」が開催されるため、今大会は土曜日が最終日の変則日程となっている。