勝みなみ 「期末テストはもう諦めました」

2015年01月30日 16時00分

記念の像を手にする勝みなみ(左)と母・久美さん

 昨年の国内女子ゴルフ「KKT杯バンテリンレディス」でツアー最年少優勝を果たしたアマチュアの勝みなみ(16=鹿児島高1年)が29日、都内で行われた「2014毎日スポーツ人賞」で新人賞を受賞。「今年もツアーで勝って2勝目を挙げたい」と抱負を語った。

 

 26日にナショナルチームのオーストラリア遠征から帰国したばかり。現地で出場した「オーストラリア女子アマ」は予選落ちに終わった。課題は精神面で「練習でも勉強でも何事にも集中して臨むことで、メンタルを鍛えたい」と、勉強にも真剣に取り組むことを宣言した。

 

 ところが、来月に迫った期末テストについて聞かれると「もう諦めました」とあっさり白旗。オーストラリア合宿などで、授業は1~2週間分遅れており「もう追いつけない」と数分前の宣言はどこ吹く風だ。とはいえ、ナショナルチームのメンバーとして多忙な日々を送っているのは事実。2月はグアム合宿、3月はニュージーランド遠征を控えている。学業だけではなく、ツアー出場への影響も大きい。

 

 今季のツアー参戦についても「今の時点で決まっているのは昨年優勝した『KKT杯』(4月17日~)だけです」(母・久美さん)という状況。ナショナルチームと勉学の両立に苦戦するなか、ツアー2勝目はいつになるのか。