木戸愛 美脚グラビアを父・修氏も絶賛

2012年09月02日 12時18分

 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」2日目(1日、岐阜・みずなみCC=6537ヤード、パー72)、木戸愛(22=ゼンリン)がこの日のベストスコアとなる65をマークし、9アンダーの2位とツアー2勝目に向けて絶好の位置につけた。首位は有村智恵(26=日本HP)で10アンダー。

 

 初優勝を飾った「サマンサタバサ」(7月)以降、4試合で予選落ち3回と苦しんできた木戸が久々の快進撃を見せた。9番パー4で4メートルを沈めると、後半に入っても勢いは止まらず、13番まで自身初の5連続バーディー。7バーディー、ノーボギーの完璧なラウンドだった。

 

 初日もショットは好調で、やはり7バーディーを奪ったが、課題のアプローチにミスが出て2アンダー止まり。この日は「アプローチをする機会がなかった」とさらにショットが冴え渡った。

 ツアーナンバー1の美脚の持ち主は、初V直後にミニスカ姿で週刊誌のグラビアに登場。元プロレスラーの父・修さんから「反対はありませんでした。写真を見て『かっこいいんじゃないか』と言ってくれた」。本人も出来栄えに満足しており、再挑戦に「いい経験にもなったので、機会があったら」と前向きだ。

 初優勝をきっかけに、その他にもインタビューなどの「仕事が増えた」とうれしい悲鳴。2勝目を挙げれば、グラビア第2弾の話も舞い込むに違いない。