【全英女子OP】畑岡奈紗 通算3アンダーでホールアウト「やっとリンクスがつかめてきた」

2021年08月22日 00時40分

最終日の猛チャージを誓った畑岡奈紗(ロイター)
最終日の猛チャージを誓った畑岡奈紗(ロイター)

【英スコットランド・カーヌスティ21日発】女子ゴルフのメジャー最終戦「AIG全英女子オープン」3日目(カーヌスティGL=パー72)、畑岡奈紗(=アビームコンサルティング)は4バーディー、3ボギーの71で通算3アンダーでホールアウトした。

「朝の練習グリーンの時からグリーンが柔らかくなっていると思ったので、予選ラウンド2日間よりもっとピンに近いところでキャリーを落としていく作戦だった」とし「自分のショットが左右に荒れていたところもあり、後半(15、16番で連続ボギー)がすごくもったいなかった」と、悔しそうな表情を見せた。

 今大会は4回目の出場となるが「やっとリンクスがどういうものかをつかめてきたので、過去で一番に落ち着いてできているとは思う」と強調し、最終日に向けて「前半みたいに伸ばしていけたらまだチャンスはあるとおもうので、明日もしっかり頑張りたい」とコメントした。

 すでにホールアウトした古江彩佳(21=富士通)は5バーディー、ボギーなしの67と猛チャージを見せ、通算5アンダーでV圏内に浮上した。

関連タグ:
 

ピックアップ