【全英女子OP】笹生優花5アンダー5位「良かった」 畑岡奈紗は2アンダー23位

2021年08月21日 11時30分

好位置で決勝ラウンドを迎える笹生
好位置で決勝ラウンドを迎える笹生

 6月の「全米女子オープン」を制した笹生優花(20=ICTSI)は1つスコアを伸ばして通算5アンダーの5位でメジャー2勝目がかかる決勝ラウンドに臨む。

 前半に1つ伸ばして迎えた後半、ショットが安定せず、バーディーがほしい12番パー5で痛恨のボギーをたたいてしまった。笹生は「前半はまあまあだったが、後半は思ったようなショットが打てなかったホールもあった。でも難しいシチュエーションでトータル的には良かった」と落ち着いた口調で振り返った。

 悲願のメジャー初制覇を目指す畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は、72とスコアを伸ばせず、通算2アンダーの23位に後退。8番パー3でグリーンサイドのバンカーからの2打目が大きく出て、反対側のバンカーへ入れてしまうなどダブルボギーをたたいたのが痛かった。

関連タグ:

ピックアップ