【東京五輪】松山英樹がC・ロナウドを真似てコカ・コーラのペットボトルを端に動かす

2021年07月27日 16時07分

水を要求したロナウド(ロイター)

 東京五輪ゴルフ男子の松山英樹(29=LEXUS)がサッカーのイタリア1部ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)が欧州選手権で見せたあの〝行為〟に注目だ。

 27日に行われた公式記者会見の開始直前、席に着いた松山は目の前にあったペットボトルを手に持つと「クリスチアーノがコカ・コーラをこうやったでしょ…」と端の方へ動かすしぐさを見せると、同代表の星野陸也(25)も「あれで(コカ・コーラ社の)株価が暴落したんですよね」と続けた。

 C・ロナウドは欧州選手権中の会見で目の前にあった公式飲料のコカ・コーラのボトルを端に寄せた上で「水だろ」とコメントし注目を集めた。健康志向で知られるストライカーの行動に同社の株価は大幅下落。約40億ドル(約4400億円)の損失を出したと報じられるなど、世界で注目を集めた。松山はすぐにペットボトルを元の位置に戻したが、世界トップスターが与える影響を改めて感じたようだ。

 松山は「初めての五輪なのでスタートするときにどんな気持ちなのかはわからない。今まで通りに1打1打を全力で頑張りたい」と意欲を語った上で「『マスターズ』以降、なかなか成績が出せていない。少し不安もあるけど、すごく楽しみな五輪になる」と語っていたが、金メダルを獲得し、C・ロナウドのような大スターになれるか。

関連タグ: