【大東建託・いい部屋ネットレディス】2日目 渋野日向子が32位で予選突破

2021年07月23日 19時27分

渋野日向子

 国内女子ゴルフの「大東建託・いい部屋ネットレディス」2日目(23日、北海道・滝のCC=パー72)、21位スタートの渋野日向子(22=サントリー)が3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを伸ばせなかったが、通算2アンダーの32位で予選を突破した。首位は通算11アンダーの全美貞(38=韓国)。

 3つスコアを伸ばして迎えた13番パー4に落とし穴が待っていた。2打目をグリーン右手前に外し、3打目を6メートルにつけると、下りのパーパットはカップを抜けていき、残ってしまった6メートルを外してダボをたたいてしまった。15番パー4もボギーでこの日の〝貯金〟をすべて吐き出してしまった。

 渋野は「パー5で3つ取れて難しいアプローチをしっかり寄せて、ナイスパーでスタートすることもできたし、途中の7番もナイスパーが取れたので後半の途中まではいい流れだったけど、個人的に一番難しいと思っていたグリーン、ホールでやっぱりダボを打ってしまって、そこからなかなか流れを戻すことができず、悔しかった」と振り返った。

 とはいえ今週は予選を突破しており、悔しさをぶつける決勝ラウンドでどこまで伸ばしていけるか注目だ。

関連タグ: