コロナ陽性の松山英樹 マネジメント会社がコメント発表「現在も頭痛と倦怠感の症状」

2021年07月04日 17時32分

松山英樹(ロイター=USA TODAY Sports)
松山英樹(ロイター=USA TODAY Sports)

 新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けて米ツアーを棄権した松山英樹(29=LEXUS)のマネジメント会社が4日、コメントを発表した。

 今週の「ロケットモーゲージ・クラシック」2日目(2日)のスタート前に棄権した経緯については「前日の第1ラウンドを終えたあたりから、喉の痛み、頭痛、吐き気を感じたため、体温は平熱でしたが、大会2日目の朝にPCR検査を受けました」と説明した。

 症状に関しては「会場を離れた現在も頭痛と倦怠感の症状がありますが、米ツアーの感染対策ルールに従って米国内の自宅で隔離し、静養しております。今後も引き続き感染拡大防止と安全対策を徹底してまいります」。現在は試合会場のミシガン州から移動し、フロリダ州内の自宅で過ごしているとみられる。

 今後に向けては「ファンの皆さまにはご心配をおかけしておりますが、当面のあいだは体調回復に専念し、できるだけ早く競技に戻って元気な姿、プレーを見せられるよう努力いたします」。松山は全英オープン(15日開幕)や東京五輪への出場を予定しているが、感染の影響が懸念されている。

関連タグ:

ピックアップ