【ニチレイレディス】稲見萌寧 五輪代表争い優位も「今週の試合だから頑張るだけ」

2021年06月17日 19時27分

稲見萌寧

「ニチレイレディス」(18日~、千葉・袖ヶ浦CC新袖C)を前に今季6勝の稲見萌寧(21=都築電気)が17日の公式会見に臨んだ。

 現在、世界ランク24位で日本人2番手。東京五輪の代表争いで有利な立場にいる。

「出たい気持ちはもちろんあります」としたうえで「五輪のために今週頑張るわけではないので、本当に今週の試合だから頑張るだけで、また上位に行けるように頑張りたいなと思っています」。五輪より目の前の試合、さらに国内の賞金ランクが頭にあるという。

 初日は原英莉花(22=日本通運)、西村優菜(20=スターツ)とのペアリング。「美女ゴルファーに囲まれます。お姫様とすごいかわいらしい感じの2人に囲まれて、トレーナーさんに私もちょっとかわいくなって帰ってこられるように頑張るねって言いました(笑い)」。口ぶりも軽やかにロケットスタートを狙う。

関連タグ: