【全米オープン】松山英樹 開幕を翌日に控え「自分はすごいプレーヤーではない」

2021年06月17日 09時21分

メジャー2勝目を狙う松山(ロイター=USA-TODAY-Sports)

【カリフォルニア州ラホヤ16日(日本時間17日)発】男子ゴルフのメジャー第3戦「全米オープン」(トーリーパインズGC)の開幕を前に今年の「マスターズ」を制した松山英樹(29=LEXUS)が会見し、意気込みを語った。

 ――コースコンディションについて

 松山 コースコンディションは、ラフが毎年1月にやっている(ファーマーズ・インシュアランス・オープン)ときに比べたら、芝質が違うなという印象と、グリーンが少し硬くなっているので、とてもタフな戦いになるんじゃないかなと思っています。

 ――「マスターズ」王者として自信があるか

 松山 本当に良いプレーができればチャンスがあると思っていますし、3日目が終わって、チャンスがある位置で終われるようにと思ってます。

 ――ラフとグリーンはどうか

 松山 今まで、毎年1月にプレーしているのとは、わけが違うと思うので、本当に警戒して打たなければいけないと思っています。

 ――ショットの後に満足していない表情を見せても、良いショットのことがある

 松山 それが多くなればなるほど、自分の状態が上がってきていると思いますし、しっかりとコンタクトできていないというところで、ああいうリアクションになると思うので、あまり気にしないでください。

 ――普通の試合と「全米オープン」の違い

 松山 一打一打がすごく大事になる。ティーショットをミスすれば、その後は頑張ってフェアウエーに出したり、ボギー以上にならないように攻めるのが、すごく大事になってくる戦いだと思うので、そこで冷静に判断できるようにしたい。

 ――NBAの元スター選手、マイケル・ジョーダン氏のように日本でもヒーローになった

 松山 (自分を)そんなすごいプレーヤーだと思っていないです。これから先、もっともっと頑張って、もっといいプレーヤーになって優勝もたくさんしたいですし、それができるように頑張りたいなという気持ちしかないです。

 ――メジャー王者になり日本でのプレーなど、さまざまなオファーがあることは

 松山 そうですね。今までとは違いますけど、それはうれしい誤算だと思うので、しっかりと、この試合もそうですけど、毎試合毎試合頑張っていって、もっとそういうことが増えるように頑張りたいなと思っています。

関連タグ: