【メディヒール選手権】上原彩子ら日本勢は出遅れ 世界ランク2位の朴仁妃が5位発進

2021年06月11日 12時16分

上原彩子(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州デイリーシティ10日(日本時間11日)発】米女子ツアー「メディヒール選手権」初日(レイクマーセッドGC=パー72)、上原彩子(37=モスバーガー)は75のラウンドで3オーバーの83位発進となった。

 山口すず夏(20=環境ステーション)、野村敏京(28)はともに6オーバーの128位で、日本勢は揃って出遅れた。

 首位はレオナ・マグワイア(26=アイルランド)で7アンダー。世界ランク2位の朴仁妃(32=韓国)は3アンダーの5位、4月のメジャー「ANAインスピレーション」優勝のパティ・タバタナキット(21=タイ)は2アンダーの11位につけている。

 先週の「全米女子オープン」でプレーオフを戦った笹生優花(19=ICTSI)、畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は出場していない。

関連タグ: