【ヨネックスレディス】三ヶ島かながツアー初優勝へ2打差2位「自分自身との戦い」

2021年06月05日 19時49分

三ヶ島かな

 国内女子ツアー「ヨネックスレディス」2日目(5日、新潟・ヨネックスCC=パー72)、ツアー未勝利の三ヶ島かな(24=ランテック)が3バーディー、ノーボギーの69で回り、通算7アンダーの2位で最終日を迎えることになった。首位は通算9アンダーの笠りつ子が(33=京セラ)。

 三ヶ島は「昨日から引き続き、ショットがよかったので、ミスしてもリカバリーできるところにミスしてたので、そこが結果につながったかなと思います」と振り返った。最終日を最終組で迎えることについては「また優勝争いは自分の中で課題があるので、その課題としっかり向き合って、自分自身と戦っていけるように頑張っていこうと思います」。その上で「課題? それは秘密です(笑い)」と語るにとどめた。

 これまで届きそうで届かなかった優勝。今回は巡ってきたチャンスをモノにすることができるか。

関連タグ: