【全米女子OP】畑岡奈紗が圧巻イーグル 「72」1オーバーで26位発進

2021年06月04日 13時52分

畑岡は26位発進(ロイター=USA TODAY)

【カリフォルニア州サンフランシスコ3日(日本時間4日)発】メジャーの「全米女子オープン」(オリンピックCレークC=パー71)が開幕。畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は1イーグル、2バーディーと5ボギーの1オーバーで26位。同組で回った渋野日向子(22=サントリー)は4バーディー、6ボギーの2オーバーで41位だった。笹生優花(19=ICTSI)が69で6位と好発進。首位は67で回ったメリッサ・リード(33=英国)とアマチュアのミハ・ガンヌ(17=米国)。

 渋野と同組で午後2時24分(日本時間4日午前6時24分)にスタート。1番で1メートルを決めてバーディー発進した畑岡が7番パー4で見せた。

 260ヤードと短いホールでティーショットは左のラフに曲げてしまうが、爪先下がりからの2打目は「(ボールがグリーンで止まりにくい)ラフだったので奥のスロープを使おうと思ったのが、狙い通り」と説明したように、ピンを一度オーバーさせて奥の傾斜に当てて戻すカップインでイーグルを奪った。

 9番パー4でもグリーン横からパターで沈めるバーディーで、この時点で3アンダーの3位に浮上した。

 だがインに入ると10番は2打目をフェアウエーに出すだけ。11番は1メートルを外して連続ボギー。15、16番もボギーで「3アンダーまでいったのに(トータルが)オーバーとなって悔しかった」と振り返る。

 この日と同じく渋野と回る2日目は、午前8時39分(日本時間5日午前0時39分)にスタート予定。「伸ばさないといけないので、しっかりアンダーで回れるようにしたい」と話した。

関連タグ: