【日本ツアー選手権】2014年優勝の竹谷佳孝が「65」首位発進!石川遼は18位

2021年06月03日 19時40分

 男子ゴルフの国内メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」初日(3日、茨城・宍戸ヒルズCC=パー71)、2014年大会優勝の竹谷佳孝(41=エー・エム・エス)が65をマーク、6アンダーで単独首位スタートを切った。1打差の2位で矢野東(43=ラキール)が続く。

 前半を1オーバーで折り返した竹谷だったが、10番からの5連続など、後半は7バーディーの猛チャージ。現在の会場となった03年以降は毎年異なる選手が優勝しており、初のV2に名乗りを上げた。

 前回19年大会優勝の堀川未来夢(28=Wave Energy)は3アンダーの6位。石川遼(29=CASIO)は1アンダーの18位につけている。

関連タグ: