【中京テレビ・ブリヂストン】強い!稲見萌寧が今季6勝目 渋野を抜き五輪代表圏浮上も

2021年05月23日 17時20分

稲見萌寧

 ゴルフの国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」最終日(23日、愛知・中京GC石野C)、5打差の首位でスタートした稲見萌寧(21=都築電気)が4バーディー、ノーボギーの68で回り、通算15アンダーまで伸ばし、2位に6打差をつけて今シーズン6勝目を挙げた。

 前日の第1ラウンド(R)でツアー記録となる13バーディーを挙げた稲見が、この日は36ホール短縮競技の最少ストローク記録を更新して優勝した。

「なるべく差を詰められないように」と意識した前半は1番で5メートルを決めてバーディー発進。3番は10ヤードほどをチップインさせて伸ばし、独走態勢に入った。16番パー5は3打目を近くにつけてのバーディーだったものの、11番は10メートルを沈める。

 前日の13バーディーも、ほぼ半分の6つは5メートル以上を決めてのもの。ツアー全体のランクで平均パット数が「1・7743」で3位になっていることもあり「パットは私の生命線」と言い切る。

 そのパッティングの際は、最近の選手では珍しく左手のグローブをショット時同様に着用したまま打つ。これは様々な試行錯誤の末、グローブを外すと左手が敏感になってしまうため、していることだという。

 この勝利で世界ランキングで古江彩佳(20=富士通)を抜くことが確実となり、米女子ツアーの渋野日向子(22=サントリー)の成績次第では日本勢2番手となり、東京五輪の日本代表圏内に浮上する可能性が出てきた。

「もちろん出たいけど、そこがゴールではない。1試合、1試合を大切にして、ランキングを上げていきたい」と話した稲見は今年に入って12戦5勝。まだまだ勢いは続きそうだ。

関連タグ: