【中日クラウンズ】岩田寛が「63」で通算3勝目「これからたくさん優勝したい」

2021年05月02日 17時18分

岩田寛

 ゴルフの国内男子ツアー「中日クラウンズ」最終日(2日、愛知・名古屋GC和合C=パー70)、7バーディー、ノーボギーの63で回った岩田寛(40)が通算12アンダーとし、2015年の「セガサミー」以来となる通算3勝目を挙げた。

「マスターズ」を制した松山英樹(29=LEXUS)を筆頭にビッグネームが名を連ねる東北福祉大出身で、初優勝が33歳だった遅咲きは「この年齢から勝ち星を重ねている先輩たちをお手本に、僕もこれからたくさん優勝したいと思います」とスピーチ。

 同週開催の女子ツアー「パナソニック・オープン」(6638ヤード、パー72)より短い6557ヤード(パー70)の設定で開催された大会は、3打差の2位に連覇を狙った48歳の宮本勝昌(ハートンホテル)。さらに1打差の3位タイはシード復帰を目指す高山忠洋(43=スターツ)とコースを知ったベテランの活躍が目立った。

関連タグ: