【パナソニック・オープンL】原英莉花、前日ホールインワンの13番で4パットのトリプルボギー

2021年05月02日 15時33分

原英莉花

 ゴルフの国内女子ツアー「パナソニック・オープン・レディース」最終日(2日、千葉・浜野GC=パー72)、2打差の2位から出た原英莉花(22=日本通運)は1、2番の連続バーディーで首位に立つ。

 だが9番パー3と12番パー5でボギーを叩くと、前日にホールインワンだった13番パー3で大トラブルに見舞われる。

 打つ直前までクラブ選択を迷ったティーショットでグリーンをショートすると、アプローチが寄らず。パーパットをオーバーさせると、返しの下りが2メートルオーバー。次も入らず、4パットのトリプルボギーとしてしまい、V戦線から大きく後退した。

 それでもイーグルなら首位に並ぶ可能性の合った18番パー5は果敢に2オンを狙ってグリーン奥へ。

 チップインイーグルはならなかったものの、最後は3メートルのバーディーパットを決め、この日は74の通算4アンダーでホールアウト。結果は1打差の3位だっただけに、13番が悔やまれることになった。

関連タグ: