【HSBC女子世界選手権】3日目 畑岡奈紗はイーブンで通算2オーバーの50位

2021年05月01日 17時07分

畑岡奈紗

【シンガポール1日発】ゴルフの米女子ツアー「HSBC女子世界選手権」(セントーサGC=パー72)3日目、畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は2バーディー、2ボギーで通算2オーバーのまま。順位は53位から50位に上がった。通算14アンダーのリン・シユ(25=中国)が首位。

 畑岡はスタートの10番でバーディーパットが2メートルオーバー。返しがカップに蹴られて3パットのボギーとしてしまう嫌な出だしとなった。

 それでも11番は4メートルのバーディーパットを決めてすぐに取り戻す。

 だがこの日の畑岡はトータル32パットとグリーン上で大苦戦。13番パー5はチャンスをモノにできず、15番はパーパットがカップを1周して外れてしまう。

 アウトでは8番パー5でアプローチがピンに当たり、30センチに止まってタップインバーディーでこの日のスコアをイーブンに戻した。

 パーオン逃しは4ホールだけにもかかわらず伸ばせないラウンドを「パットを決められたら、5アンダーぐらい出てもおかしくなかった」と振り返る。

 最終日に向けては「アンダーが出せてないので、アンダーで終われるように頑張りたい」と意気込みを語った。

関連タグ: