【パナソニック・オープンL】黄金世代・植竹希望6アンダー首位! パーオン率も上々だが…

2021年04月30日 19時41分

 ゴルフの国内女子ツアー「パナソニック・オープン・レディース」初日(30日、千葉・浜野GC=パー72)は6アンダーの植竹希望(22=サーフビバレッジ)が首位に立った。

 今シーズンのパーオン率は75・9%。植竹は規定ラウンド数を満たしていないためランキング入りしてないが、1位相当の数字だ。この日グリーンを外したのは一度だけ。それでも「18ホール乗って合格、ってぐらいのつもりでやってる。今日外した1回も完全な自分のミスショットだったのが許せない」と自らに厳しく初Vを狙う。

【関連記事】

関連タグ: