【フジサンケイレディス】復帰戦の安田祐香が5アンダーの8位浮上「怖がらずにのびのびプレーしたい」

2021年04月24日 19時38分

8位に浮上した安田祐香

 国内女子ツアー「フジサンケイレディス」2日目(24日、静岡・川奈ホテルGC富士C=パー71)、18位から出た安田祐香(20=NEC)が68で回り、5アンダーの8位に浮上した。

 左腕痛で先週までの2試合を欠場。この間、練習もできていなかったが、復帰していきなり、2日連続の60台と調子は上々だ。

 前半はバーディーなしの1ボギーだったが「苦手意識はないので回りやすかったです」という後半はバーディーラッシュ。最終18番パー4で5メートルを沈めるなど、4バーディーを量産した。

 最終日に向けては「難しいホールもあるんですけど、のびのびプレーしたいので怖がらずに自信を持ってプレーしたいと思います」。プロとして初のトップ10はもちろん、さらに上位での戦いを見据えた。

関連タグ: