【ロッテ選手権】渋野日向子が猛チャージで通算11アンダー「明日がすごく楽しみ」

2021年04月17日 09時01分

渋野日向子

【ハワイ州カポレイ16日(日本時間17日)初】ゴルフの米女子ツアー「ロッテ選手権」3日目(カポレイGC=パー72)、41位から出た渋野日向子(22=サントリー)は6バーディー、ボギーなしの66のラウンドで通算11アンダーとスコアを伸ばした。

 出だしの1番から3連続バーディーと好スタートを切った。後半も10番パー4、14番パー5、18番パー4でバーディーを奪うなど、安定感のあるプレーで大きく順位を上げ、ホールアウト時点で通算16アンダーで首位に立つ笹生優花(19=ICTSI)と5打差の4位につけた。

 渋野は「今日は最初の3連続バーディーでどうなるんだろうって思っていたので、ボギーもなくて良かった」とし「ショートアイアンに関しては風もなかったし、ピンを狙っていけたので、バーディーチャンスに付けることも多かった」と笑顔で振り返った。

 大逆転Vの期待も高まってきているが「すごく明日(最終日)が楽しみ。自分のやるべきことをやっていきたい」と意欲を語った。

関連タグ: